英会話を学ぶための留学先はどうするか

英会話を学ぶに一番手っ取り早く効果があるのは留学することです。 英語を使わないといけない環境に身をおき、間違ってもとにかく話さないといけない状況を作ることが大事です。

留学先を決める時に考えたい条件とは何でしょう。

まずは国や地域を考えます。

英語を使う国はアメリカ、イギリス、オーストラリアだけとは限りません。例えばシンガポールなども英語を主要言語としていますので英会話を学ぶには十分な環境だと言えます。ただし、地域の人々はアクセントがあることがほとんどなので、自分の学びたい英語はどんな英語なのかを考えておきます。そして最も大事なのは治安です。安いから、といって安易に選ぶと治安の悪い地域だったりしますので気をつけます。

次にどんな教育機関にするかを考えます。

選択肢は大きく4つあります。大学、短期大学、語学学校、その他です。費用もレベルも、大学が一番高く、次に短期大学、語学学校、その他(例えばオペアなど)となります。ただ単に日常英会話だけを学びたいのであれば語学学校やその他の機関でも十分ですが、英語を使って何かを学ぶ、何か手に職をつける、現地で就職する夢がある、などの場合は短期大学以上の学校を卒業しないとビザが下りません。

ページのトップへ▲