留学のための英会話の勉強方法

留学のために英会話の勉強方法は、英語を読む、書く、話す、聞くという英語の総合力を高める勉強が必要になります。4つも勉強すると思うと気が重くなるかもしれませんが、これらは別々に学ばれるものではなく互いに連動しており、そのため、1つが上達すれば、相乗効果ですべてが上達する仕組みになっているのです。逆にいえば、1つでも欠けてしまっては一向に上達することができないのです。

まずは読むことに慣れる

なかでもまず、英語を「読む」ことに慣れることが大切になります。留学では、大量の英文を読むことと書くことが求められます。そのため、まず英語を読むこと、できれば速読できるレベルまでもっていくことです。
そして、英語を読むことに慣れると、英文の仕組みを理解することができ、それに基づいて英語を「書く」ことができるようになります。さらに、正しく書くことができる英語は、口から自然と発することができるのです。こうして英語をしっかり正しく「読む」ことは、円滑な英会話へとつながっていくのです。
また、英会話の勉強方法として、日本や日本の文化を説明できるよう練習することもオススメです。外国に行けば必ず聞かれる内容です。また、外国にいれば、自国の文化を知ってもらいという欲求も沸き起こり、こうした気持ちが英会話を上達させてくれるのです。

ページのトップへ▲